ネットを調べていたら見つけたオリジナルアイテムのサイト。私は不器用なので手作りが自分でできない。でも手作り品とか作家さんの一点ものはかわいくて好きなので、よく買うんだけど、どれも結構高い。てまひまかかってるからしょうがないんだろうけどね。高いなぁとは思うものの買ってしまう。オリジナルアイテムのサイトはデザインを出せば好きなアイテムにプリントしてくれるもの。よく結婚式の引き出物とか、パーティの景品とかにされがちなやつだけど、Tシャツとかならおしゃれにオリジナルアイテムが作れるなと思った。

Tシャツって既製品でもすっごくシンプルなデザインとかなのに結構な値段とかするし、自分でデザインできるなら自分で作った方がいいんじゃないかなと思った。でもよくよくみてみると、ある程度の枚数の注文でないと、価格は結構高くなってしまう。ある程度注文するなら結構安い。デザインに自信があるなら、大量に作って、売るって事もできそうだよね。売るとかしないにしても、クラスとかチームとか大勢でお揃いのウェアを考えているなら是非おすすめ。一枚当たりの単価は結構安くなるし、お揃いってやっぱり目立つと思う。団結にもつながるっていうしね。プロに頼めば手間なく素早く作れると思う。http://tltkicks.com/

楽な転職

| コメント(0) | トラックバック(0)

看護師の求人は数多くあります。ですので看護師の方が転職をしようとした場合、比較的楽に転職できます。他県や知らない土地に引っ越した場合であっても、看護師専門の転職サイト等で登録をすればすぐに希望にあった求人を紹介してくれますので便利です。しかし、求人の多くは正社員でアルバイトやパート、派遣といった仕事はどこで探せばいいのかと困っている人もいるかもしれませんね。しかしアルバイトやパート、派遣といった勤務形態でも看護師専門の転職サイトに登録する事によって解決します。看護師のバイト探しで重要なのは、福利厚生や給料、そして休日の希望等、病院と交渉してくれる事が重要となってきます。病院としては基本的にフルタイムで働ける、夜勤ができる看護師が欲しいところではありますが、交渉によっては夜勤ができない、勤務時間帯が求人とは違う、そういった看護師でも採用してくれる場合があります。サイトによってはこういった交渉をしてくれるサイトがありますから、そういったサイトを利用する事が重要です。

また非公開求人が多いサイトも登録の際の目安となります。非公開求人が多いサイトは人気ですので、看護師の登録者数が多いサイトを選ぶ事と同じかもしれませんね。人気の求人は非公開求人である事が多いです。人気がある求人は給与が高かったりや福利厚生が充実していたり、勤務に融通がきく、等看護師にとっていい求人になりますから非公開求人の多いサイトを選ぶ事で、いい求人にめぐりあう可能性も高くなります。看護師求人サイトではそういった質のよい求人というのを非公開求人として一般には公開していません。登録する事によって条件のよい仕事の情報を提供してくれます。また利用料の無料のサイトを選ぶのがいいでしょう。看護師転職サイトのほとんどは無料登録ですが、転職に多くのお金がかかるようですと、もうここでいいやと選んでしまったり、転職がつらいものになりかねません。完全無料にできるのは、登録者である看護師からお金をとるのではなく、病院やクリニック等から看護師の紹介料としてお金をもらっているからです。ですので看護師からお金を貰う必要がありません。看護師転職サイトでは無料でコンサルタントが相談にのってくれたりもしますから、無理なく転職する為に賢く転職サイトを利用していきましょう。相談の際には細かく自分の希望を伝える事も大切です。求人通りでなくても交渉次第では採用されますから、条件を細かく伝える事で、より自分の希望に近い職場に巡り合う事になります。

看護師は女性の多い職業です。やはり女性はおしゃれに常に気を配っていたいもの。http://dianevonfurstenberg.org/こちらのサイトではdiane von furstenberg通販専門店としておしゃれなアイテムが揃ってますのでおすすめのサイトです。

まだまだ就職難が続いていますが、就職に事欠かない職業と言えば看護師ではないでしょうか。転職をする場合でも、年収を高くしたい。より良い条件で働きたい。そんな希望の職場も比較的探し安いのが看護業界です。
看護師の勤務形態は入院患者を受け入れてる病院であれば2交替、もしくは3交替の勤務となります。2交代制の勤務時間を例に挙げてみると、
9:00~17:00、17:00~9:00
3交代制であれば
8:30~16:30、16:30~0:00、0:00~8:30
となります。
二交替制のメリットとしては勤務時間が長い為休みが多くなります。また、夜勤の時間も長い為、多くの手当がつきます。
一方三交替制のメリットとしては、勤務時間が短い為体の負担が軽くなります。二交替制のデメリットとしては、勤務時間が長い為ストレスが多く、体力的にきつくなります。三交替制のデメリットは勤務時間が短い分、二交替制と比べ勤務日数が多くなります。ではどちらの勤務がいいか、となると人それぞれの状況によって、受けるイメージは大きく変わります。体力のある若い方ですと、休みの少ない3交代よりも、2交代で一気に勤務をした方がいいという方が多いようです。しかし2交代では休憩時間があるものの気が張り詰めていて休んだ気がしないと体力の限界を訴える方もおられ、そうなると2交代がいい、3交代がいいとはいえません。体力的に大丈夫でも、家庭や育児をしなければならない等、環境によっても意見は変わってきます。
看護師の希望が細かくなってくると、病院側としても看護師確保の為、より看護師目線に立った勤務形態を提供するようになってきました。通常交替制の勤務ですが、日勤のみや夜勤のみ、アルバイトやパートといった勤務もあります。こうなってくると、どの求人が自分にあっているか探すのは大変になってきます。看護師不足の為求人は多くありますから尚更大変です。
看護師求人サイトは2交代や3交代をチェックする事ができるので、一つでも登録をしておくと便利です。無料登録ですから、すぐに転職しない人でも気軽に登録をしていろんな求人をチェックしておく事をオススメします。もちろん年収や福利厚生のいい所等、気になる求人を見てみるのもいいかもしれませんね。病院や地域によっても条件は大きく変わってきます。また看護師転職サイトは多くあります。複数登録も可能なので、まずは無料登録して、しっかり比較してよい求人を見つけましょう。
看護師の仕事は社員で、入院患者を受け入れている病院であれば必ず「夜勤」があります。若いうちはまだしも年齢を重ねるにつれ、体力的に厳しくなりますし、女性の場合家庭との両立が難しくなってくるのではないでしょうか。そのせいか結婚や出産を機に退職、休職する方も多いようです。日勤の場合は家族の協力を得て家庭と両立もしやすいかもしれませんが夜勤となると夜勤明けも体を休めなければいけませんしなかなかと難しいようです。しかし最近では24時間の保育施設を完備した病院も増えていますので、夜勤との両立もしやすくなってきました。たしかに夜勤専従は大変な仕事ではありますが、給与の高さが魅力的です。病院や地域によって差はありますが、正看護師の場合、25000円~35000円が相場のようです。夜勤専従の場合は勤務数が少なくなりますが、十分な給与になりますし、時間に余裕がでますので家庭にかける時間が増えますから、家庭との両立も実は難しい事ではありません。日勤と夜勤のある勤務より夜間だけの勤務の方が生活のリズムが取りやすいとおっしゃる方もみえます。家庭を持ってみえない方でも、自分の自由な時間が多く確保できるからと夜勤専従を希望される方もいるようです。ただ夜勤専従の求人を探す場合は勤務形態をしっかりと確認しないといけません。求人ではなかなか全てを把握できません。給与額が示されていても給与形態は示されていませんから基本給に夜勤の手当がつくのか、夜勤一回の勤務の給与が決まっていて勤務日数によって給与が変わってくるのか。。。入職後に勤務数が思うようになく求人の給与額までいかない。。。そんな事にならない為に、勤務日数や給与形態は面接時にしっかりと確認をしておくべきでしょう。面接前に確認したい。面接時にききづらいという方は看護師専門の転職サイトを利用するといいかもしれません。無料登録をする事で専任のコンサルタントがサポートしてくれるようになりますので、コンサルタントに前もって相談、希望を告げておけば、希望に沿った求人を探してくれますし、病院への確認、交渉もしてくれるので便利です。また、転職サイトには非公開求人が多くある場合があります。非公開求人は人気の求人になっていますので、夜勤専従や給与が高い等の求人になっています。無料ですので複数のサイトに登録して比較してみてもいいと思いますし、気軽に相談してみてはどうでしょうか。
看護師の方が仕事を探す場合、何に一番注目するでしょうか。
給与だったり、福利厚生だったり、それぞれに希望があるかと思います。中でも高給与な求人がいいという人は多いのではないでしょうか。看護師は一般的にも高給与と思われていますが、実際大変な仕事だけに一般のOLの給与と比べても比較的多く貰っているようです。特に夜勤のある看護師が給与が高くなります。というのも夜勤の際には夜勤手当がでますが、都市部や大きな病院となると夜勤手当が3万円という求人もあり、1日の夜勤で多くの収入が見込めます。夜勤専従となれば夜勤手当が高く休みが多くなる訳ですから、短期間で多くの収入が望めます。月に働ける夜勤は国からの指導で決められていますが、決められた回数だけ夜勤をこなしたとしてもよい給与になりますし、休みが多い為、プライベートが多くとれます。こう聞くと皆夜勤専従をやりたがり、求人はなかなかないと思われがちですが、実際のところ夜勤専従の人気は高いものの、家庭の理由により夜勤のできない看護師さんも多くいますし、看護師不足の為、看護師不足もさる事ながら夜勤のできる看護師も不足しているのが現状です。また夜勤は病院にもよりますが、受け持ちの患者数が増える為非常に忙しく、体力的に厳しいものがありますので子育てをしながら等になってくると大変になります。しかしあなたが夜勤専従のできる環境であるなら、非常に良い勤務形態であると言えます。
夜勤専従の看護師求人を探す場合、一番よいのは夜勤専従に強い人材紹介会社を利用する事です。夜勤専従の求人は多くありますが、サイトによって扱う求人が違います。ですので夜勤専従に強い求人サイトを知っていると有利です。看護師の登録数が多いサイトがおすすめですが、非公開求人の多い看護師求人サイトもオススメです。それは非公開求人は人気の高い求人の為登録者に優先的に紹介できるよう非公開求人としている為です。夜勤専従は人気のある勤務形態ですので非公開とされている場合が多いです。またポイントとして、看護師サイトに複数登録しておくのもオススメです。上記の
・夜勤専従の求人が多い
・看護師の登録数が多い
・非公開求人が多い
以上に当てはまるサイトに複数登録しておく事でより自分にあった求人を比較し選べる事になります。サイトについてはそれぞれを比較したサイトを参考にするといいと思います。看護師転職サイトは複数あり、どのサイトがどういった特徴をもっているかを知るのに、こういったサイトが非常に参考になります。
看護師国家試験受験を目指す皆さんへ‥1年間どのように試験準備を整えていけば良いのか、ひとつの目安として参考にして下さい。先ず、国家試験の勉強を進める上で次のものを用意すると良いでしょう。はじめに国家試験の過去問題集です。過去問題集の最新版は、通常5月頃から書店やインターネットで発売されます。次に、「国民衛生の動向」です。これについては、最新版は夏ごろの発売となりますが、特に前年度のものを先ず用意してください。次に国家試験対策用の参考書です。参考書は人それぞれ好みがあると思いますので、自分なりに理解しやすいと思うもので構いません。但し、辞書の役目も果たすよう全ての範囲を網羅した参考書がオススメです。次に、解剖生理学、薬理学の教科書です。他の教科書も必要なのですが、この2冊は手元に置いておくことをオススメします。そして、必修問題用の参考書です。これは電車で見ることができるなど大事な要点項目がまとめられているものがオススメです。そのほか、医学・看護・薬事典と最新版の国家試験出題基準を用意しておきましょう。この出題基準は冊子として市販されていますし、厚生労働省のホームページ内でも掲載されています。必修問題についてはこの出題基準をベースに勉強を進める必要があるので、常に参照できるよう備えておくことが大切です。これらの準備が整ったら、どういう手順(スケジュール)で進めていくかです。目安としては、7~9月の夏頃にかけては、過去問題を解いて自分が知らなかったこと、苦手な分野などを攻略していきます。そして9月~12月くらいにかけて夏の学習をさらに進めていきます。それが難しい場合には、必修問題の参考書や問題集を絞り込んで、基礎知識を身に付けるよう学習を進めて下さい。そして1月末頃までに再度過去問題を徹底的にこなすとともに、模擬試験の復習や問題集を活用して実践力を身に付けます。大雑把ですが、これが理想的なスケジュールとなりますので目安にして下さい。看護師国家試験は現在、問題のプール制が採用されており、過去に出題された良い問題をプールしておき、多少アレンジされて出題される傾向がありますので、これに模擬試験や問題集を加えて重要事項を身に付けるよう学習を進めて下さい。受験前の1年間は、就職活動や実習、卒業論文など大変忙しい最終学年であり、その終わりに国家試験が待っています。限られた時間の中で効率的に学習を進め、身のある1年を過ごして下さいね!
いよいよ看護師国家試験受験当日がやってきました‥。これまで自分なりに努力し苦労してきた成果を最大限発揮する日です。何があっても悔いの無いよう臨みましょう!・・・おや?誰ですか?落ち着かない方がいらっしゃいますね・・・。試験当日になって焦らないよう‥そして不安にならないようしっかりと準備を整え、精神的にも余裕をもって試験当日を迎えたいものです。試験の最近の傾向として、単に暗記だけの知識では解くことができない問題が増加してきています。実際に看護の現場に即した思考力や判断力、そして応用力を求める問題が多くなってきており、カラー写真などの視覚素材も用いられ、考えて解くことが求められるようになりました。では、どのような手順で解いていくのか・・・。まず問題の形式は4つに分かれています。①想起型、②推論型、③解釈型、④問題解決型です。この形式を理解しておけば、見たことの無い問題でも大丈夫です!①想起型‥これは、教科書に載っている常識的な知識そのものを問う問題です。知識を想い起こして解答する‥この想起型問題は暗記するしかありません(出題率は全体の約50%前後を占める傾向)。次に②推論型。これは看護の常識から推論して解く問題で、例えば実習等で行った患者さんへの対応を想定するなど、推論で解答を導く問題です(出題率は全体の1~2割程度)。③解釈型‥データや症状から病名や病態を読んで解答する問題です。これは暗記だけで解くことは難しく、病態を深く理解しているか問われる問題です(出題率は全体の約2割)。④問題解決型‥看護師としてデータや症状を解釈した上で、さらに問題を解決するためにはどうしたら良いか、臨床現場で必要とされる判断力が問われる問題です(出題率は全体の1~2割)。これらの形式を踏まえ、自信が付くまで頑張って下さい!そして受験当日、試験終了後最も気になるのがやはり解答速報でしょう。解答速報は専門学校や企業系スクール、転職専門サイトなど様々な所で発表されます。よく質問で見受けられるのが、解答は厚生労働省のホームページで公開されているけれど問題はどこで入手できるか?という質問です。これについては、某医療系有名出版社のサイトで問題を画像付きで公開しています。試験問題と解答を併せて公開していますので、復習をかねて役立てるとよいですね!合格発表日時は、前年8月ごろの官報や厚生労働省のホームページに記載されています。さあ!心の準備はできましたか?
看護師さんと言えば交代制で夜勤のある仕事というイメージがあります。

病棟勤務であればどうしても夜勤は避けられないのではないでしょうか。

家庭の事情などで日勤しかできない方もいらっしゃるでしょうし

やはり夜勤は大変だというイメージもありますから

病院としては夜勤専従看護師をかなり必要としているようです。

大変だと思われがちな夜勤ですが、メリットも大きいのは事実です。

なんといっても夜勤手当がつくため高収入が得られるというのが

一番ではないでしょうか。

金額でいいますと夜勤手当は4,000円~6,000円

といわれていますが、病院や地域や資格によってもかわりますので

多い方では8,000円~1,0000円の場合もあるようです。

さらに夜勤バイトであれば35,000円~40,000円となります。

低いところでも25,000円~30,000円ですから、

正社員より多いんじゃないかとも思えてきますね(^^;

また、先の理由から病院側も夜勤専従者を求めていますから需要があります。

交代制で夜勤の日があるのと、夜勤専従で働くのとでは

実は夜勤専従の方が生活のリズムに慣れやすいという方もみえますので

夜勤は大変だと一概には言えないようです。

交代制の夜勤の場合は他の看護師さんとのシフトの都合等から

何曜日が夜勤とははっきり決められない事の方が多いようです。

ですので、その月の勤務シフトは前月の月末に出る為

急に入る予定には対応できなかったり、シフトが出るまで予定が入れられない

なんて事もあるようですね。

それならば、毎回夜勤となっている方が予定が立てやすいという事です。

また、交代制よりも昼間の時間が有効に使えるというメリットもありますね。

「独身なら夜勤専従でもいいかもしれないけど、子供がいるとなかなか・・・」

そんな理由で夜勤専従に躊躇される方もいらっしゃるかもしれません。

しかし最近では、託児所完備の病院もありますから、福利厚生をしっかりと確認して

みるとよいと思います。

看護師求人サイトなら福利厚生もコンサルタントが詳しく説明してくれますから

安心ですよ。

なんといっても夜勤専従はその給与の高さが魅力です。

数日であっても給与が高い為、それ以外の時間をプライベートにあてる事ができます。

ただ夜勤専従等の人気のある仕事は求人でなかなか見かける事はありません。

サイトによっては非公開求人としてあつあっているところもあるようですので

看護師転職サイトにて確認してみるといいと思いますよ。